テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 2014年12月の記事一覧

新着情報

2014年12月の記事一覧

海外製品調達ユニポス

2014.12.24

「Terasic USB Blaster Download Cable」を追加しましたnew


ユニポスWEBサイトに、
Altera社USB対応ダウンロードケーブルの互換品
Terasic USB Blaster Download Cable のページを追加しました。


Altera社製デバイスとホストPCとを接続し、
プログラミングやコンフィギュレーションを行うためのケーブルです。


■詳しくはこちらをご覧ください
Terasic USB Blaster Download Cable/Altera社USB対応ダウンロードケーブルの互換品

メーカー(Terasic Technologies Inc.)WEBサイト
研究PCおてがら屋

2014.12.19

【記事】 Haswell-E(EP)の性能評価レポート


前の世代のIvybridge-E世代から、Intel Tick-TockモデルのTockに当たる、設計見直しによる機能向上を中心としたHaswell-E(EP)ですが、大分こなれてきたところで、基本的な概要・性能評価と合わせて、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジーの有用性についての評価レポートをお届けいたします。スレッドの増加によるCPU動作効率について、機器選定の参考になれば幸いです。


①Haswell-Eの概要と基本性能について

Haswell-EのプロセスルールはIvybridge-Eと同じく22nmでありつつ、設計の見直しが図られています。 特にデスクトップ向けとして先行でリリースされていたHaswellがDDR3対応のままだった事に対して、DDR4メモリ専用となった点が大きな違いではないかと思います。 その他にも、Ivybridge-E世代との違いとして、AVX2への命令対応、仮想化環境での能力アップなどが盛り込まれています。 また、Haswell-Eからはソケット形状に変更があり、Socket R3と呼ばれるLGA2011v3の新型ソケットが採用されています。 そのため、メモリ種類の違いもあり、完全に新規のプラットフォームとなっています。 ただし、CPUクーラーに関しては以前のSocket Rと形状的には互換となります。

Ivybridge-E世代と比較して、コア数を重視したCPUラインナップとなっており、Ivybridge-E 世代は4コアと6コアモデルのラインナップだったのに対し、Haswell-E世代は6コアと8コアのラインナップになります。

サーバー用のEP系ではIvybridge-EPが12コアまでのラインナップだったのに対して、Haswell-EPは18コアまでのラインナップとなりますが、多コアになった分、各CPUの定格クロックは、全体的にIvybridge-E世代よりも下がっています。 また、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー(TB)にも改良が入っています。 IVR(Integrated Voltage Regulator)と呼ばれるCPU側に電圧変換を実装する事によって、より柔軟な電圧制御を可能として、負荷の種類によってTBをより有効に利用できるようになっています。 これにより、HPCなどのCPUへの高負荷が長時間続くような使い方でも、設定を詰める事である程度TBを活用しつつ、性能低下も防ぐことが可能となっています。


◆ ベンチマーク比較

※保有CPUの関係上、2世代前のi7-3930Kとの比較になります(検証環境は共にWindows7 Pro 64bit)。

 

i7-5930K

i7-3930K

Cache

15 MB

12 MB

 

SSE4.2, AVX 2.0, AES

SSE4.2, AVX, AES

Cores

6

6

Threads

12

12

Base Frequency

3.5 GHz

3.2 GHz

Max TB

3.7 GHz

3.8 GHz

TDP

140 W

130 W

Memory Types

DDR4-1333/1600/2133

DDR3-1066/1333/1600



まず簡単なベンチマークとして、Passmark CPU Benchmarksの結果を比較しました。 この結果だけを見ると、CPUの定格クロック差がそのまま数字として表れているとも言えます。

 

i7-5930K

i7-3930K

CPU Mark

14081

12868

Single Thread

2162

2056



では、もう一つの目玉であるメモリ速度のベンチマークはどうかといいますと、以下の通りです。残念ながら、メモリ速度差に見合ったベンチマーク結果は出ませんでした。

 

i7-5930K(DDR4-2133)

i7-3930K(DDR3-1600)

Memory Mark

2776

2608



そこで、次に別のベンチマークとしまして、SiSoftware Sandraでの結果を比較してみました。 まずCPUのベンチマークですが、先ほどのPassmark CPU Benchmarksとは異なった傾向が出てきました。全体的に、CPUの定格クロック差以上の差が出てきていると言えます。

 

i7-5930K

i7-3930K

総合的なネイティブ パフォーマンス

149.68GOPS

130GOPS

Dhrystone 整数

185.35GIPS(AVX2)

163.32GIPS(SSE4.2)

Whetstone 浮動小数点 AVX

143.37GFLOPS 

122.78GFLOPS

Whetstone 倍精度 FP64 AVX

101.9GFLOPS  

87.14GFLOPS



もう一点のトピックである、メモリ速度も比較しました。先ほどのMemoryMarkの結果と比べると、メモリ速度差(スペック差)に近くなった印象の数字が出ました。

 

i7-5930K(DDR4-2133)

i7-3930K(DDR3-1600)

メモリ帯域

47.4GB/

39.18GB/

メモリのレイテンシ

28.5ns

26.6ns



このベンチマーク結果から、Haswell-Eは、Ivybridge-Eに対して、ソフト側が最適化された状態であれば、同クロックであっても、速度アップが見込めるCPUだと言えるのではないかと思います。 逆に、最適化が進んでいない場合は、ほぼクロック差通りの数字であるとも言えます。 そういった意味で、Haswell-Eをお使いの場合は、できる限りソフトウェア環境も最新のバージョンにする事で、より性能を活かせて、速度を発揮できるのではないかと思われます。


② Haswell-EPによる、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー(TB)の性能検証

Haswell-EPベースのCPUの傾向として、コア数が増えて定格クロックが下がっているモデルが多いので、実際にTBがどの程度効いていて、動作クロックがどの程度であるか、簡単な検証結果を紹介します。

今回はコア数による変化ということで、2CPUの多コアモデルである、Haswell-EP E5-2650V3 ×2 による環境でのテストをおこないました。 まず、テスト用環境となるE5-2650V3の基本情報です。

 

E5-2650V3

Cache

25 MB

 

AVX 2.0

Cores

10

Threads

20

Base Frequency

2.3 GHz

Max TB

3 GHz

TDP

105 W

Memory Types

DDR4-1600/1866/2133



また、Intelのスペックシートによりますと、TB時の各コア最大速度は以下の通りです。

Core

1-2

3

4

5

6

7

8

9

10

11+

GHz

3

2.8

2.7

2.6

2.6

2.6

2.6

2.6

2.6

NA



計測は2CPUシステムで行いましたので、計20コア/40スレッドでのテストになります。 また、計測はLinuxのStressにてコア数を指定して、2分間負荷をかけ、1秒毎に各コアの動作クロックを図っております。 そのため、AVX処理は有効になっていない状態での負荷となります。 また、高負荷時の動作クロック確認において、多少のズレが生じている点はご了承ください。

まず、1スレッド負荷時は当然ですが、TBが利き、3GHzの速度が出ます(グラフ省略)。

次に5スレッドの負荷をかけた場合ですが、ここでは2コアが3GHzのラインにかかっているのが確認できます。 これは、上記CPUのスペックシートから、2つあるCPUのうち片方のCPUが2コアの3GHzで、もう一方が3コアの2.8GHzになっているのではないかと推測されます。

※以下、作業スレッド数による動作クロックの推移のグラフ。
各データ系列は各CPU(全40コア/系列)を表しています。
5MHzComv1.jpg


次に10スレッドの負荷をかけた場合です。2つのCPUに対して、平均的に負荷分散されていれば、5コアずつ2.6GHzが最大値となりますが、実際には2.7GHz程度のコアが4コアほど存在します。 これは、CPU側の割り振りとして、6コア(2.6GHz)+4コア(2.7GHz)で動作している可能性が高いと推測できます。
10MHzComv1.jpg


次に14および15スレッドの負荷をかけた場合です。 14スレッド時は2.7GHz動作のコアがあり、15スレッド時には最大が2.6GHzへと落ちます。おそらく14スレッド時が10コア+4コア扱いとなり、多少の余裕がある4コア側の一部のコアが2.7GHzで動作しているのではないかと考えられます。 15スレッド時は、片方にどれだけ偏っても、10コア+5コア扱いになるため、いずれにせよ2.6GHzが最大値となり、それが結果に表れていると考えられます。
14MHzComv1.jpg

15MHzComv1.jpg

上の結果から、Haswell-EPのクロック制御はかなり柔軟に制御されているという事が言えるのではないかと思います。


 最後にフルスレッドの40スレッドの負荷をかけた場合です。
40MHzComv1.jpg

全コア2.6GHzで動作しております。負荷テストに利用しているStressがAVX命令などに最適化されておらず、負荷としては余裕があるという推測が成り立ちますが、フルスレッドに負荷をかけた場合でも、実質的には最大TB値のほぼ上限で動作する場合もあるという状況が確認できるかと思います。

以上の結果より、Haswell-EPは複数のコアに負荷のかかるような処理を行った場合でも、負荷のかかっているコア数に合わせて、以前よりCPU制御が上手に行われ、高クロックを維持しやすくなっていると言えるのではないかと思います。

総合インフォメーション

2014.12.18

冬季休業のお知らせ 12月28日(日)~1月4日(日)


拝啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながらテガラ株式会社は、
下記の期間、年末年始のお休みとなります。

--------------------------------------------------------------------
2014年12月28日(日)~2015年1月4日(日)
--------------------------------------------------------------------

来年もテガラをどうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具
海外製品調達ユニポス

2014.12.11

「MinnowBoard MAX (Dual-Core E3825)」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
Intel Atom E3825プロセッサ搭載小型SBC
MinnowBoard MAX (Dual-Core E3825) のページを追加しました。


Intel Atom E3825デュアルコアプロセッサを搭載したオープンソースの
小型シングルボードコンピュータの上位版。

サイズは9.9 x 7.4(cm)で、OSはDebian GNU/Linux、Android 4.4に対応しています。


■詳しくはこちらをご覧ください
MinnowBoard MAX (Dual-Core E3825)/Intel Atom E3825プロセッサ搭載小型SBC

メーカー(CircuitCo)WEBサイト
海外製品調達ユニポス

2014.12.10

外国語教育のためのオンライン口頭練習システム「Speak Everywhere」を追加しました


ユニポスWEBサイトに、
外国語教育のためのオンライン口頭練習・アセスメントシステム
Speak Everywhere のページを追加しました。


ユーザが口頭練習の教材を自由にデザイン・作成し、
インターネット経由で生徒に会話のトレーニングを課すことができるシステムです。

自動的に録音される音声を元に採点・フィードバックができます。


■詳しくはこちらをご覧ください
Speak Everywhere/外国語教育のためのオンライン口頭練習・アセスメントシステム

メーカー(e-Language Learning LLC)WEBサイト

ページの先頭へ