テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 「画像解析用のUbuntu搭載高速演算マシン」を提案事例に追加しました。

新着情報

研究PCおてがら屋

2014.01.31

「画像解析用のUbuntu搭載高速演算マシン」を提案事例に追加しました。

研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
画像解析用のUbuntu搭載高速演算マシンを追加しました。 

「できるだけ多くのメモリを積んだ高速演算が可能な研究用PCを探している。長時間の映像を解析し、機械学習にかけて処理することを想定している。」とのお問い合わせをいただき製作した事例です。

CPUについては、ユーザーのプログラムが並列処理よりクロックが有効であったため、1コアあたりの速度を重視し、Xeon E5-1620(3.60GHz、4コア)を採用しました。メモリ容量をより大きくするため、Haswell系ではなくSandyBridge-Eとしています(搭載メモリは128GB)。ストレージはSSD 512GB+HDD 1TBを搭載し、OSはお客さまのご希望でUbuntuをプリインストールしています。


■事例の詳細は以下のページをご覧ください。
画像解析用のUbuntu搭載高速演算マシン| 研究PCおてがら屋

ページの先頭へ