テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 【新着事例】有限要素法による三次元の弾性波動解析向けPC

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.12.20

【新着事例】有限要素法による三次元の弾性波動解析向けPC


引き続き、本日研究PCおてがら屋にアップした提案事例のご紹介です。


出力データが100GB程度になり、それを高速に読み書きできることが重要なため、
データ読み書き用のストレージはSSD2台でRAID0を構築して高速化しています。


ページの先頭へ