テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 「Scientific Linux 6.4を搭載した検出器のデータ収集用PC」を提案事例に追加しました

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.11.22

「Scientific Linux 6.4を搭載した検出器のデータ収集用PC」を提案事例に追加しました


研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
Scientific Linux 6.4を搭載した検出器のデータ収集用PC
を追加しました。



「粒子検出器からのデータ収集に利用するPCを探している。
HDDはHGST製でできるだけ書き込み速度の速いものが2台必要。」
とのご依頼をいただきました。

まず、CPUは6コア以上を希望とのことで、Xeon E5-1650v2(3.50GHz)を採用し、
メモリは32GBとしました。
ご指定のHGSTブランドの4TB HDD×2台は、お取り寄せに時間が掛かることをお伝えし、
受注時の状況によっては代替品へ変更するプランも提示しました。

OSはScientific Linux 6.4をプリインストールしています。
RHELがベースとなっており高エネルギー物理学分野等において
世界各地の研究機関で利用されています。



■事例の詳細は以下のページをご覧ください。
Scientific Linux 6.4を搭載した検出器のデータ収集用PC |研究PCおてがら屋

ページの先頭へ