テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 「Ivy Bridge-E世代の 画像合成、3D処理用PC」を提案事例に追加しました。

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.11.13

「Ivy Bridge-E世代の 画像合成、3D処理用PC」を提案事例に追加しました。

研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
Ivy Bridge-E世代の画像合成、3D処理用PC
を追加しました。


「予算60万円程度で、画像合成(Autopano、Hugin)、10万px以上の画像処理(PhotoShop)、

GIS系の点群・3D処理(ArcGIS、SIS)をスムーズに行えるマシンを導入したい」とのご依頼をいただきました。

CPUには、Ivy Bridge-E世代のCore i7 4960X Extreme Edition(3.6GHz、6コア)を搭載し、

冷却能力の高い水冷一体型CPUクーラーを組み合わせました。
オーバークロックにも充分耐えられる冷却能力を持たせましたが、出荷時の設定は定格クロックとしました。

3D処理のAPIはOpenGLがメインとのことで、グラフィックボードには、NVIDIA Quadro K2000を選定しました。



■事例の詳細は以下のページをご覧ください。

Ivy Bridge-E世代の画像合成、3D処理用PC |計算・解析用PC製作の研究PCおてがら屋


ページの先頭へ