テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 「Gromacsによる 合計20コアCPUの数値計算用PC」を提案事例に追加しました

新着情報

研究PCおてがら屋

2013.11.29

「Gromacsによる 合計20コアCPUの数値計算用PC」を提案事例に追加しました


研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
Gromacsによる合計20コアCPUの数値計算用PC を追加しました。


分子動力学シミュレーションソフトGromacsで数値計算を行うためのPCとして
提案・導入した事例です。 

お客さまと打ち合わせを重ねた結果、 CPUはXeon E5-2670v2(2.5GHz 10コア)を2個搭載しました。 合計20コアですが、動作クロックは抑えた仕様です。 

GPGPUの搭載も検討しましたが、ご予算と用途を考えるとCPUの性能アップを
優先したほうがベターと判断し搭載を見送りました。 

また、メモリは本来8枚とするのがベストでしたが、 ご予算の都合で
今回は8GB×4枚の32GBとしています。


■事例の詳細は以下のページをご覧ください。

Gromacsによる合計20コアCPUの数値計算用PC |研究PCおてがら屋

ページの先頭へ