テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】 粉体計算(離散要素法)向けのワークステーション

新着情報

研究PCおてがら屋

2013.11.29

【新着事例】 粉体計算(離散要素法)向けのワークステーション

今日は研究PCおてがら屋に、以下の提案事例をアップしました。


粉体は流体とも固体とも違う独特な動きを示すことがあるため、数値解析には
離散要素法(DEM)や粒子法などといった特殊な方法が用いられています。

近年、PC性能の大幅な向上により、大学、研究機関、企業などで、
粉体の数値シミュレーションを産業に応用する動きが活発化しています。

ページの先頭へ