テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 / 総合インフォメーション > 科学技術計算用ワークステーション 「RADIC」 に4CPUモデルを追加しました

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.07.03

科学技術計算用ワークステーション 「RADIC」 に4CPUモデルを追加しました


研究PCおてがら屋にて販売している
科学技術計算専用の高性能ワークステーション「RADIC(ラディック)」
4CPUモデルを追加しました。

研究PCおてがら屋「RADIC(ラディック)」特設ページ
http://kenkyu-otegaraya.com/radic/


RADIC 4CPUモデルは、Xeon E5-4600 シリーズを4 基搭載しているほか、
大容量のメモリやSSD、GPGPU ボードなどを搭載し、
あらゆる科学技術計算用途で高性能を発揮できる仕様となっています。
OS はWindows Server 2012 Standard をはじめ
CentOS 6.3、Ubuntu 12.10 のプリインストールに対応しました。
その他、WEB 上でのカスタマイズや弊社スタッフとの相談によって仕様と価格を調整できます。

スタンドアロンのコンピュータであり、クラスタシステムのように場所をとらず、
スーパーコンピュータのような利用の制約もないため、
ユーザーの手元に置いて自由に使えることが特長です。



■ RADIC 4CPU モデル 標準仕様:492 万円(税別)
100~500 万円のご予算に対応。Xeon×4 で最大32 コア。GPGPU も搭載。


RADIC その他のモデルラインナップ(4機種)
-----------------------------------------------------
■ RADIC 2CPUモデル 標準仕様:142万円(税別)
100万円台のご予算で購入可能。Xeon×2で12~16コアを誇る。トータルで高い性能を発揮。

■ RADIC 1CPUモデル 標準仕様:47.5万円(税別)
50万円のリーズナブルな1CPUモデル4~8コアCPUを搭載し、さまざまな計算・解析用途に対応。

■ RADIC GPGPUモデル 標準仕様:190万円(税別)
Tesla搭載でGPGPUによる並列演算に対応。CPUも2個搭載し汎用演算にも力を発揮。

■ RADIC Xeon Phiモデル 標準仕様:78万円(税別)
現時点では性能が未知数なXeon Phiの検証やパフォーマンステスト用にご用意。
-----------------------------------------------------


詳しくはこちらのページをご覧ください。

科学技術計算用 高性能ワークステーション「RADIC」| 研究PCおてがら屋

ページの先頭へ