テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 1コアのみの利用を重視、ストレージにこだわった計算用PCを提案事例に追加しました

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.04.27

1コアのみの利用を重視、ストレージにこだわった計算用PCを提案事例に追加しました


研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
"
1コアのみの利用を重視、ストレージにこだわった計算用PC "
を追加しました。


「予算100万円でFortran計算用PCがほしい」とのご依頼を頂きました。

プログラムが並列計算に最適化されていないということから、
1コアあたり の速度とメモリ容量を優先し、
CPUはXeon 3.30GHz(TB時 3.90GHz) 、
メモリは128GBを搭載しました。

また、ストレージについては
速度重視の512GB SSD×2(RAID0)と、
容量重視の3TB HDD×4(RAID5)を搭載し、
OS・プログラムの動作やデータの保存とで使い分けられるようにしました。


■事例の詳細は以下のページをご覧ください。
1コアのみの利用を重視、ストレージにこだわった計算用PC |研究PCおてがら屋

ページの先頭へ