テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PC関連更新情報 > 数値流体計算と構造解析のためのデュアルブートPCを提案事例に追加しました

新着情報

研究PC関連更新情報

2013.02.22

数値流体計算と構造解析のためのデュアルブートPCを提案事例に追加しました


研究PCおてがら屋の提案事例一覧に、
"数値流体計算と構造解析のためのデュアルブートPC"を追加しました



「40万円の予算で構造解析と数値流体計算のためのPCを探している」
とのご相談をいただき、提案した事例です。

Windowsで「midas Gen」もしくは「LS-Dyna」、
CentOSで「Intel Fortran」の利用を想定しています(デュアルブート)。
CPUはMPIかOpenMP利用のため多コアのXeonをご希望でしたので、
ご予算に合わせ8コアのXeonを選択しました。さらにInfinibandでのクラスタ化を考え、
通信ボードを増設できるようPCI-Ex16スロットに余裕のある 構成でご案内しました。


■事例の詳細は以下のページをご覧ください
数値流体計算と構造解析のためのデュアルブートPC|研究PCおてがら屋

ページの先頭へ