テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > X線吸収スペクトルおよび 電子構造の計算用PCを提案事例に追加しました

新着情報

研究PCおてがら屋

2012.11.07

X線吸収スペクトルおよび 電子構造の計算用PCを提案事例に追加しました

おてがら屋の提案事例一覧に、
"X線吸収スペクトルおよび電子構造の計算用PC"
を追加しました。



「ワシントン大学のFEFF9およびWien2kで利用でき、
かつIntel Composer XE(Fortran、C++、MKL)インストール済みのLinuxマシンが欲しい」
とのご要望から提案・製作した事例です。

160万円のご予算に合わせ3.10GHz動作のXeonを2個(計16コア)、メモリは256GB搭載しました。
また、OSにはインテルコンパイラの動作確認がとれているRed Hat Enterprise Linuxを選択しました。


■事例の詳細は以下のページをご覧ください。

X線吸収スペクトルおよび電子構造の計算用PC|研究PCおてがら屋

ページの先頭へ