テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 研究PCおてがら屋 > 【新着事例】ディープラーニング+SolidWorks 兼用WS

新着情報

研究PCおてがら屋

2017.03.14

【新着事例】ディープラーニング+SolidWorks 兼用WS


研究PCおてがら屋に、
「ディープラーニング + SolidWorks 兼用WS」 の事例をアップしました。


pc-4675.jpg

お客さまより、ご予算100万円ほどで
ディープラーニング用途、ソリッドワークスのシミュレーション用途、
...と、用途を切り替えて使用できるワークステーションを
検討しているとのお問い合わせをいただきました。
現在ご利用のマシンはビデオメモリ容量が足りていない可能性があるようで、
GPUメモリサイズを重視した構成を希望とご依頼をいただいています。

学習の速度よりもビデオメモリの容量を重視したいというご要望から、
ソリッドワークス側のOpenGL対応も考慮し、
ビデオカードはQuadro P5000を選定しました。

お客様からのご要望に応じ、CPUはXeonを選定、
またWindows 10 + Ubuntu14.04 のデュアルブート構成でのご提案です。




【主な仕様】
Xeon E5-1660v4 (3.2GHz 8コア) / メモリ64GB ECC REG
SSD 500GB + HDD 4TB / GigabitLAN x2 / NVIDIA Quadro P5000 16GB
ミドルタワー筐体+850W / 23インチモニタ
Windows 10 Pro + Ubuntu14.04 (デュアルブート構成)


■ このPC事例に関する詳細、お問い合わせはこちら
ディープラーニング+SolidWorks 兼用WS

ページの先頭へ