テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 海外製品調達ユニポス > 2D/3Dデータ可視化ソフトウェア「LightningChart」の最新版 v8がリリースされました

新着情報

海外製品調達ユニポス

2017.03.13

2D/3Dデータ可視化ソフトウェア「LightningChart」の最新版 v8がリリースされました


2D/3Dでのデータ可視化のための
Windows Forms および WPF用 ソフトウェア開発キット LightningChart
最新版 v8 が2017年3月7日にリリースされました。
lightningchart_v8_img.jpg

LightningChart は、
科学、工学、医学、航空宇宙、貿易、エネルギーなどの分野に適した
数多くの種類のチャートコンポーネントを含んでおり、
10億データポイント以上のデータをリアルタイムで表示する
高い描画処理能力を持っています。

v8 からの新機能として、チャートライブラリの3Dオブジェクトと関連づけ可能な
Volume Rendering 機能が追加されました。
体積測定情報を利用する医学分野や、
CTや超音波による非破壊検査などにおける活用が想定されています。




【Lightning Chart 各機能の特徴】

XY Charts
lc_xy.jpg
Series types: sampled data (discrete signal), point-line, freeform point-line,
areas, high-low, polygon, stock (candle-stick), bar, band, constant line,
intensity grid, intensity mesh

3D charts
lc_3d.jpg
Series types: surface mesh, surface grid, waterfall, polygon, rectangle planes,
mesh models, point-line, bar and pie charts

Maps
lc_maps.jpg
On-line tile maps: supports street maps and satellite imagery
Dozens of maps: World, continents, specific areas
Multi-layer: land, lakes, rivers, roads, cities etc

Smith view
lc_smith.jpg
Series types: point-line

Polar View
lc_polar.jpg
Series types: area, point-line

Volume Rendering
lc_rendering.jpg
・Separate Linear Transfer function for every channel
・Volume Thresholding in accordance with voxels brightness for every channel
・Dynamic modification of Voxel range
・Manual or Automatic Adoptive sampling rate of volume data
・Three interchangeable options for Volume Rendering Ray function
・Full interaction with traditional 3D models

Signal Tools
...SignalReader
...AudioInput
...SignalGenerator
...SpectrumCalculator
...AudioOutput



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
LightningChart | データ可視化のためのソフトウェア
メーカー (Arction Ltd.) WEBサイト

ページの先頭へ