テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 産業PC おてがら屋 > 【新着事例】GPIBインターフェイス搭載 Windows XPマシン

新着情報

産業PC おてがら屋

2016.03.14

【新着事例】GPIBインターフェイス搭載 Windows XPマシン


本日は産業PCおてがら屋に、
「GPIBインターフェイス搭載 Windows XPマシン」の事例をアップしました。

pc-3899.jpg


お客さまより
10年使用している試験装置の計測用パソコンのバックアップ用に1台用意したい。
ソフトが装置メーカーオリジナルでWindows XP以外の動作が保証できない状態のため、
OSはXP、通信機器とパソコン間をGPIBで通信可能であることが必要。」
というお問い合わせを頂き、条件にマッチしたPCをご提案しました。

産業PCおてがら屋でも人気のモデルである
Windows 7でPCIを2本搭載するPC (PC-TS015) をベースに、
OSをXPに変更、ご指定のGPIBボードを追加する形でカスタムしました。


専用のソフトをお使いのために、
簡単に現行仕様のマシンに切り替えられない...というお話はよく聞きます。
古いマシンのバックアップやリプレース等、
ご要望があれば、お気軽にご相談ください。


【主な仕様】
Core i3-3220 (3.30GHz 2コア) / メモリ2GB / 1TB ニアラインHDD / GigabitLAN x2
DVDスーパーマルチドライブ / PCI x2 (1本GPIBカードで使用) / GPIBカード (PCI)
ミニタワー筐体+400W / Windows XP Pro SP3 Embedded / 専用リカバリーディスク


事例の詳細はこちらをご覧ください
GPIBインターフェイス搭載 Windows XPマシン

ページの先頭へ