テガラ株式会社 ホーム > 新着情報 > 産業PC おてがら屋 > 【新着事例】長期安定稼働の装置制御用マシン

新着情報

産業PC おてがら屋

2016.03.18

【新着事例】長期安定稼働の装置制御用マシン


本日は産業PCおてがら屋に、
「長期安定稼働の装置制御用マシン」の事例をアップしました。


pc-3891_2.jpg

お客さまより、装置の制御用PCのお問い合わせを頂きました。

ハードウェア性能はそこまで高くなくても問題なさそうでしたが、
24時間稼働状態が数か月続く装置の制御用PCのため、
HDDの2重化 (RAID構成)、出来るだけ高寿命な電源といった
信頼性の高さが求められました。

利用されるのが工場での長期稼働ということでしたので、
HDDのように駆動部分が無く振動や衝撃に強い
SSDをベースとしたRAID構成で提案いたしました。
もしSSDが故障した時にはホットスワップで交換が可能です。
電源はニプロン製を採用しております。

またその他のご要望として、筐体サイズはミニタワー程度、

非該当証明書 (パラメーターシート) の発行をご希望でしたので、
それぞれ対応いたしました。



【主な仕様】
Pentium G3460 (3.5GHz 2コア) / メモリ4GB  / 128GB SSD x2 (オンボードRAID1)
GigabitLAN x2  / DVDスーパーマルチドライブ / 2.5"ホットスワップHDDトレイ
ミニタワー筐体+ ニプロン500W電源 / Windows 7 Pro SP1 64Bit
非該当証明書 (パラメータシート) 発行


事例の詳細はこちらをご覧ください

長期安定稼働の装置制御用マシン

ページの先頭へ